「木を見て森を見ず」とならないよう、お口の中全体を拝見する診療を心がけています
江東区住吉でいもと歯科医院を開業以来、多くの症例を拝見してきました。

井本勇基先生(住吉 いもと歯科医院)

お口の中を全体的に診ながら、お口の健康バランスを考えています。

江東区住吉いもと歯科医院院長 井本勇基です。栃木県から徳島の国立大学に。歯科医師となり、東京都江東区で歯科医院を開業しました。
医師を目指す息子と副院長である妻と母との生活は、とても充実しています。毎日の診療の傍ら、休日は日進月歩の歯科技術に遅れを取らないために歯科関連の講演会など出席をして勉強を欠かしません。

井本勇基本先生

栄養バランスは健康を作ります

お口の中のここがおかしい、と訴えて来院された患者さんに対しても、できる限りお口の中全体を拝見し口腔内の健康度のバランスを整えるように心がけています。「その部分」だけを診ても全体のバランスを取らなければ完治に至らない場合もあります。こういった考えから当院では主訴となる部位でけでなく、お口の中全体や身体の栄養バランスなどまでを考慮した歯科治療を行うよう心がけています。また栄養バランスを整えるための栄養療法(オーソモレキュラー療法)を通じて、お口の中の疾患の治療・治癒促進に取り組む、栄養・サプリメント外来なども設置しています。

押しつけ的な治療はしない

ただ、そういった歯科医師としての私の意見が押し付けがましくならないように注意はしています。患者さんが何を求めて私の治療を受けに来てくれたのか、を考えながら、なおかつ、お帰りになる時には私の診療を受けてよかったと思って貰える歯科治療を常に心がけています。

住吉と言う土地柄、幅広い世代に渡る患者さんがいらしてくださいます。それぞれの年代に合わせた的確な歯科治療を、身体を構成する栄養素とと共に考えながら健康な体作りを目指した診療を行っています。

マイクロスコープを使った治療

人が自分の目で認識できるサイズは最大0.2mmと言われています。この0.2mm未満が見えないことが歯科治療において虫歯の取り残しなど、大きな弊害をもたらしかねません。取り残した虫歯はやがて進行してさらに大きな弊害をもたらし兼ねません。こういった事態をさけるため、マイクロスコープと呼ばれる歯科用の顕微鏡を使った診療を行っています。同じ歯科治療を受けるなら再発しずらい、長持ちのする治療を目指しています。

マイクロスコープを使った診療

整った最新の設備とともに

院内で白い被せ物などを作成できるチェアサイドソリューション ワンデートリートメント CERECや、立体的な口腔内の撮影が可能となる低被ばくのCTなど、当院では患者さんの歯科治療へのストレスを軽減するための様々な設備を整えています。


所属学会等

  • 徳島大学歯学部卒
  • 東京都江東区歯科医師会
  • ICOI (国際口腔インプラント学会) Fellowship
  • ITIメンバー
  • 日本抗加齢医学会 会員

井本勇基先生の歯科治療が受けられるクリニック

住吉 いもと歯科医院

いもと歯科医院ホームページへ
江東区扇橋2-1-3 ET21ビル2F
東京メトロ半蔵門線・都営新宿線[住吉駅]
B1出口 徒歩6分
【月〜土】9:30 – 12:30 / 14:30 – 19:00
※日曜・祝日休診。祝日のある週の水曜午後は診療しております。土曜日午後は14:00-17:00までとなります。

いもと歯科医院外観

いもと歯科医院外観

google mapでアクセスを見る

いもと歯科医院に電話をかける

関連記事

  1. 仙田直樹先生

    仙田直樹先生(大塚 仙田歯科医院)

  2. 小澤先生

    小澤 宏亮 先生(西大井駅前歯科)

  3. 中原先生

    中原 維浩 先生(戸塚駅前トリコ歯科)

  4. うら先生プロフィール写真

    保護中: 浦 辰郎先生

  5. 浦 悦子先生(アイリス歯科)

    保護中: 浦 悦子先生(亀戸 アイリス歯科)

  6. 村尾先生

    村尾 宗太先生(竹ノ塚 ムラオ歯科クリニック)

  7. 村岡先生プロフィール写真

    村岡 正弘先生 (東上野歯科クリニック)